エンジニア 資格

【最短最安】CCNP(ENCOR)合格するための勉強法を徹底解説

目標に向かう人

困った顔で働く会社員のイラスト(男性)

 

CCNP取得したい人​「CCNP取得したいけど、勉強法がわからない...ENCORってなに?受験した人に合格するための勉強法や体験談を教えて欲しいな...」

こんな悩みを解決します。

 

CCNPはネットワーク関係の仕事についている方なら誰もが知っている有名な資格です。

資格としてのランクも高いため、資格取得はハードル高いな...と思いつつ、やっぱり取得したいなあと考えている方が多いですよね。

 

画像

 

上記画像の通り、CCNP(ENCOR)に合格できたので、その経験を元に対策方法等について説明します。

 

 本記事の内容

 

・CCNPとは

・CCNP(ENCOR)の基本情報

・試験はテストセンター受験 or オンライン受験どちらがいいか

・CCNP(ENCOR)に合格した勉強法

・オススメの勉強法

・CCNP(ENCOR)受験後の感想

 

 

上記の内容に沿って、私がCCNP(ENCOR)を取得した際の体験談も含めて説明します。

これからCCNP取得したい方や興味のある方は是非本記事をご覧ください。

 

CCNPの基本情報

まずはCCNPという資格の基本情報について説明します。

CCNPがどんな資格か知ることで対策を練っていきましょう。

 

CCNPとは

CCNPとは、Cisco Certified Network Professional の略で、シスコシステムズ社が提供するシスコ技術認定の1つです。正式名称はCCNP Enterprise認定。Cisco内において、CCNP Enterpriseの難易度は下から2番目の”プロフェッショナル”に位置付けられています。

Cisco認定資格

※2020年2月に資格システムが改定され、CCENTはなくなりました。

 

CCNPを取得するための条件

続いて、CCNPを取得するための条件について説明します。

CCNPを取得するためには、2科目の試験に合格する必要があります。

CCNP受験科目

 

簡単に言うと必須科目(ENCOR)+選択科目1種(好きな科目)​を取得することで初めてCCNPを取得したことになります。

次節では、私が受験した必須科目(ENCOR)について説明します。

 

CCNP(ENCOR)とは

CCNP(ENCOR)は、前説でも説明した通りCCNPを取得するために必須となる科目です。

 

正式名称:350-401 ENCOR: Implementing Cisco Enterprise Network Core Technologies

 

試験の概要

この試験では、コア エンタープライズ ネットワーク テクノロジーの実装に関する受験者の知識とスキルが問われます。

  • デュアルスタック (IPv4 および IPv6)アーキテクチャ
  • 仮想化
  • インフラストラクチャ
  • ネットワークアシュアランス
  • セキュリティ
  • 自動化

参考URL:CISCO HP

 

試験内容詳細 CISCO HP
試験時間 120分
受験料 44,800円+税

 

出題範囲としてはCCNAの範囲と大差ありません。

CCNAの内容を理解・覚えていればそこまで苦労しないでしょう。

 

試験は会場受験 or オンライン受験のどちらがいいか

同じような会社員

これまではテストセンターのみでしか受験できませんでしたが、コロナの影響もありオンライン受験(在宅受験)が可能となりました。

 

テストセンター受験と在宅受験どっちがいいんだろう?

カンニングできそうだし、在宅の方がいい気がするなあ

Aさん

当然、このような疑問が湧いてきますよね。

 

結論から言うと、私はテストセンター受験をしました。

理由としては下記3点です。

 

 テストセンター受験した理由

 

・オンライン試験だとテストセンター受験の問題と違う問題が出る可能性があると思ったから

・通信環境の不具合でタイムロスが発生する可能性があるから

・カンニング防止の対策が実施されているため

 

正直、在宅試験の1番の旨味といえばカンニングできることですよね。

(あまり大きな声では言えませんが...)

 

しかし、CISCOホームページにある下記内容を見て、私は震え上がりました。

 

オンライン受テストの仕組み

オンラインテストソフトウェアには顔認識やアイトラッキング(眼球の動きを追跡)などの技術を使用した人工知能で補完されたライブプロクターが採用されています。潜在的なセキュリティ違反があってもすばやく報告できるよう試験監督員の職務を支援します。

参考URL:CISCO HP

 

さすがCISCO様、カンニング対策はバッチリの模様です。

ナフト
カンニングするリスク高すぎ...

もう在宅でするメリットメリットほとんどないやん...

むしろデメリットの方が多い..

 

こうしてテストテストセンターにて受験することを決定しました。

 

CCNP(ENCOR)に合格した勉強法

ではここからは、実際に私がCCNP(ENCOR)に合格するために実施した勉強方法について説明します。

 

 CCNP(ENCOR)に合格した勉強法

 

①CTCテクノロジーの研修を受講

②CTCテクノロジーの模擬試験問題で勉強

 

 

以上です。それでは、各項目について詳しく説明します。

 

CCNP(ENCOR)合格勉強法①CTCテクノロジーの研修を受講

いきなり白状しますが、私は裏技を使ってしまいました。

多額の資金を投じて、研修を受けたのです。(会社のお金ですが...)

 

私が受講した研修はこちらです。

CTCテクノロジー株式会社

研修名:CatchUp CCNP 〜試験合格に向けて(350-401 CCNP ENCOR対応)〜

Implementing Cisco Enterprise Network Core Technologies (ENCOR) v1.0

受講料:407,000円(税込み)

参考URL:https://www.school.ctc-g.co.jp/course/N581.html

 

本研修では、5日間に渡りCCNP(ENCOR)に関する座学を行います。

CCNPに関する知識はこの5日間で一通り学ぶことができます。

Zoomを用いた遠隔での研修も対応しており、コロナ予防の観点から研修会場にいけない方や、東京以外の地方在住の方でも気軽に研修受講が可能です。

 

しかし受講料が非常に高価であるため、個人でこの研修を受講するのは現実的ではありません。

(会社のお金で受講できそうな方は是非受講してください)

 

ナフト
個人でCCNP(ENCOR)を受験したい人向けの勉強法は後ほど紹介します!

 

CCNP(ENCOR)合格勉強法②CTCテクノロジーの模擬試験問題で勉強

前節で説明したCTCテクノロジーの研修を受講すると、模擬試験問題を貰えます。

当時の問題数は約190問でした。WEB問題集なので、暇さえあればひたすらその問題を解き続けました。

 

やはり座学でインプットするだけでは知識定着しないので、ある程度知識を入れたらひたすらアウトプット(問題を解く)必要があります。

そんなこんなで、問題と答えを暗記するレベルまで勉強して試験に臨みました。

(模擬試験以外の対策は一切してません)

 

あまり大きな声では言えませんが、実際の試験の際もほぼ同じ問題が出題​されました。

 

ナフト

結果は、本記事の冒頭で述べた通り”合格”。

晴れてCCNP(ENCOR)を取得したと言うわけです!

 

CCNP(ENCOR)に合格するためにオススメの勉強法

助ける

さて、前節では私が裏技を使ってCCNP(ENCOR)を取得した方法について説明しましたが、この情報だけでは個人的にCCNPを受験しようとしている方々に何の参考にならない記事となってしまうため、そんな方にでも実現可能な勉強法を紹介します。

 

その勉強法とは、クラムメディアの模擬試験問題​で勉強することです。

 

 

クラムメディアとは、様々なIT資格の模擬試験を提供しているWEBサイトです。

CCNPに関してはクラムメディアを利用していませんが、CompTIAのNetwork+やSecurity+、ITILのITIL Foundationでは非常にお世話になりました。

 

こちらもあまり大きな声では言えませんが、ほぼ同じ問題​がでました。

 

クラムメディア模擬試験の的中率が非常に高いことを身を以て知っているので、会社のお金で研修を受けれなかったら確実にクラムメディアの問題集を利用していた​と思います。

参考程度ですが各資格の体験記もあるので、そちらもご覧ください。

 

【難易度低】IT初心者でもNetwork+に合格できる勉強法

続きを見る

CompTIA Security+ (SY0-501)に最短で合格する勉強法

続きを見る

ITIL Foundation v4に合格した勉強法【体験談】

続きを見る

 

現状、資格改定後のCCNPの資料はないので、クラムメディアの模擬試験での対策を行うのが1番安く合格率の高い方法だと思います。値段は決して安くはありませんが、落ちたら4万円強失うこと、独学で勉強することで必要となる膨大な時間が削減できること​を考えると必要経費だと思います。

 

最短かつ、コスパよくCCNP(ENCOR)を取得したい方は、クラムメディアの模擬試験で対策しましょう。

 

クラムメディア問題集はこちら

 

 

CCNP(ENCOR)受験後の感想

フィードバック

最後に、CCNP(ENCOR)受験後の感想についてお話しします。

 

私が裏技(研修受講)を使ったからと言うのもありますが、あっさりと合格することができました。というより、模擬試験とほぼ同じ問題がでたので合格したと言った感じです。

サクサクと解くことができたので、時間もだいぶあまりました。

 

受験を終えて思うことは、模擬試験だけで対策OKやん...​と言うことです。

ぶっちゃけ研修受講しましたが、模擬試験の内容を勉強したみたいなかんじです。(”模擬試験解いててわからない事ある→それについて調べて理解する”のような形)

 

なので、個人で受験を考えている方は、クラムメディア模擬試験で対策すれば最短最安​でCCNP(ENCOR)を取得できます。

 

 

本記事のまとめ - CCNP(ENCOR)に合格する勉強法 -

では、本記事のまとめです。

 

 CCNP(ENCOR)に関するまとめ

 

・出題範囲はCCNAと大差なし

・テストセンター受験がオススメ

・オススメの勉強法

 ①いきなり模擬試験を解く

 ②模擬試験の不明点を調べて学習

 ③模擬試験内容を理解&暗記するまで繰り返す

・おすすめの模擬試験資料はクラムメディア 

 

 

とにかくお伝えしたいのは、アウトプット(問題を解く)ことから始めた方がいい!​ということです。結局同じ問題がでるので、初めからその問題に絞って対策するというシンプルな作戦です。また、アウトプットから始めてインプット(必要な知識を得る)することで、出題のイメージも湧きより記憶に定着します。

 

また正直、自分のお金も時間も大量投下することはできないので、

ちょっとの必要経費を払って、より安全に、より早く、より安く資格取得しましょう。

 

CCNPはネットワーク業界では割とハイレベルな資格となり、市場価値もあがるため転職等で非常に役立ちます。是非取得しましょう!

クラムメディア問題集はこちら

 

不明点や質問があれば私のTwitter宛にご連絡ください。答えれる範囲で回答いたします。

 

-エンジニア, 資格

Copyright© Ochinaga Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.